海外FXアフィリエイト bitcoin

仮想通貨はオワコン?人々の興味は海外FXへ!

投稿日:2018年3月18日 更新日:

ビットコイン取引急減。ピークの4分の1に/日本経済新聞

代表的な仮想通貨であるビットコインの取引が急減している。売買や送金など1日あたりの取引額はピークだった2017年末の4分の1に減少した。金融庁による仮想通貨交換業者への行政処分が逆風になっているうえ、世界規模で規制が強まるとの警戒も高まっている。主な取引主体だった個人の関心が冷め、一部は外国為替証拠金(FX)取引に移っている

価格も下落傾向だ。ビットコイン価格は昨年後半に騰勢を強め、12月17日に1万9783ドルの最高値をつけた。だが18年に入り各国で規制を強める動きが広がり、売りが優勢になった。仮想通貨交換業者コインチェック(東京・渋谷)による仮想通貨「NEM(ネム)」の流出事件も下落に拍車をかけ、2月上旬に一時6000ドルを割った。

金融庁は8日、体制が不備だった交換業者7社に行政処分を出した。業界への信頼が低下し「新規に口座を開く人が減っている」(交換業者幹部)という。19~20日にアルゼンチンで開催する20カ国・地域(G20)財務相・中銀総裁会議では仮想通貨の国際規制が主要な議題になる見通しで、世界的な規制強化への警戒も強まっている。

個人の一角はFXに資金を移している。1ドル=105円台まで円高が進むなど為替相場の値動きが大きくなり、売買機会が増えているためだ。仮想通貨交換業も手掛けるFXトレード・フィナンシャルの閏間亮取締役は「仮想通貨の売買が落ち込む一方でFXは盛り上がっている」という。

 

仮想通貨はもはやオワコンとの声も聞かれるようになって長い今年。

外国為替や株式取引から仮想通貨取引への流入もストップ、そして元いた場所への回帰傾向、
仮想通貨で儲けた億り人と言われるような人々も、既に他への投資へ鞍替えする様子が見受けられます。

仮想通貨は投資環境が未成熟で、ぼったくりな売買手数料や、極めて不利な税制もその一因でしょう。

本年始まって以来ポジティブなニュースは極めて少なく、ネガティブな材料ばかり聞かされて、
今さら仮想通貨に突っ込みたいと思う新規参入者は稀でしょう。

 

そうした中、以前から仮想通貨CFDを取り扱い、
入出金手段としても仮想通貨を活用できる海外FX業者へ目が行くのは自然です。

 

BTCFXを経験し、ハイレバレッジと追証ゼロカットのありがたみを知る投資家達は、
当然のように国内FX業者をスルーして、真っすぐ海外FXへ参入してきます。

国内FXではレバレッジを張れない上、追証は当然全額請求されるからです。
大金の資金をを失い、更なる借金に怯えながら投資をするのは馬鹿げています。

 

仮想通貨投資同様、為替FXでも、国内業者は海外業者に完全に劣ります。

今こそ海外FXの優位性を強く説くべき時機なのではないでしょうか?

 

海外FXのIBと呼ばれるアフィリエイトビジネスは、開設いくらのはした金では終わりません
日々延々と続くライフタイムコミュッション報酬を、束で積み上げていきましょう!

 

海外FXアフィリ=IB(イントロデューシングブローカー)に打ち込んでみたい方はご一報下さい
XM含め取り扱うべき業者やそのやり方を、一個ずつ確実に提案していけると思います。

 

今日から始めて、先行者利益を手にしましょう!

-海外FXアフィリエイト, bitcoin

Copyright© 海外FXアフィリエイト(IB)の勧め , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.